IoTアクセス制御エンジンの基礎知識

IoTアクセス制御エンジンとは

OSやアプリケーションに依存しない共通インタフェース(デバイスWebAPI)を利用することにより、ローカルネットワークに構築されたホームデバイス制御・管理の仕組みを、遠隔からでも同じように実現できるクラウド環境です。

多種多様なホームデバイスに対応できるプラグイン方式を採用し、拡張しやすい設計になっています。今後、さらに多くのプラグインを追加していく予定です。

図:IoTアクセス制御エンジンの概要図

IoTアクセス制御エンジンの特徴

1 プラグイン方式で拡張容易

  • プラグインの追加のみでAPIを即時追加可能(IoTアクセス制御エンジン側の改修不要)
    容易にデバイスを追加したり、サービスを拡張することができます。
  • 多種多様なホームデバイスに対応
    追加できるホームデバイスは事実上無制限です。
  • 特定の規格やベンダー仕様への依存なし
    通信規格やベンダー固有の仕様などはデバイスWebAPI側で吸収されるため、アプリケーションは共通のAPI を呼び出すだけです。

2 ホームデバイスの遠隔管理

  • ローカルネットワーク(イエナカ)で使用しているデバイス管理と同じAPIで、遠隔(イエソト)からのホームデバイス制御やデータ収集が可能
  • 様々な場所にあるホームデバイスの一元管理が可能

3 多彩なパーミッション(権限管理)機能

  • ユーザー単位
    例:管理人のみ制御可能
  • 時間制限
    例:指定の日時のみ鍵の開閉が可能
  • 機能単位
    例:エアコンの温度は変えられるが、ON/OFF制御は不可
  • 位置情報制限
    例:在宅時のみテレビの制御が可能

4 AI/ビッグデータ解析基盤連携(将来拡張予定)

  • さまざまなセンサー情報を収集・蓄積可能
  • 蓄積データを活用したデータ分析(機械学習などの適用)の実施、および分析結果に基づくホームデバイスの制御が可能
  • 他AI機能との連携可能

プラグインについて

IoTアクセス制御エンジンでは、多種多様なホームデバイスを制御するためにプラグイン方式を採用しています。プラグインには、「ネイティブプラグイン」(以降、本サイトでは「プラグイン」と呼びます)と「クラウドプラグイン」の2種類があります。各プラグインの違いは、以下のとおりです。

ネイティブプラグイン クラウドプラグイン
プラグインの配置先 ゲートウェイ(Android端末+Device Connect Manager) クラウド(IoTアクセス制御エンジン上)
プラグインのインストール

必要

  • Hueシリーズおよび赤外線学習リモコン用のプラグインは、Device Connect Managerにインストール済みです。
不要
デバイスとの接続方法
  • Wi-Fi通信
  • BLE(Bluetooth Low Energy)通信
  • ネイティブSDK

など

対象クラウドの公式アプリ
データの取得方法 対象クラウドのWeb API
プラグインの開発 プラグイン開発」を参照